デリケートゾーン 対策

女性のデリケートゾーンのトラブル対策

1.女性のデリケートゾーンのかゆみ対策について
2.女性のデリケートゾーンの臭い対策について
3.女性のデリケートゾーンの黒ずみ対策について
4.女性のデリケートゾーンのお手入れと正しい洗い方を知ろう
5.女性のデリケートゾーンの吹き出もの対策3選

1.女性のデリケートゾーンのかゆみ対策について



女性の方がデリケートゾーンのかゆみを感じた場合にはいくつかの対策があります。
先ず医療機関での受診をした方が良いと思われるケースですが、
症状として強く激しいかゆみがある場合やかゆみの範囲が広い場合、

水疱や潰瘍がある場合、またオリモノの量が増えたり、
ヨーグルト状のドロドロとしたオリモノが見られる等の変化があったり悪臭が感じられる場合です。

また既に正しいと思われるスキンケアをしたり市販品を使用したのにも
関わらずかゆみが止まらない場合も医療機関で診てもらった方が良いと言えます。

またセルフケアを行う場合なのですが、
もしもまだ軽い程度のかぶれであればなるべくかぶれの原因となる部位との接触を避けて
市販品の炎症を抑える薬で様子を見てみましょう。

ただデリケートゾーンの部位で外陰部だけではなくて
粘膜部位においてもかゆみがある場合には一般的に皮膚に効果のある市販の塗り薬だと
効果がない場合もありますのでその場合には必ず医師や薬剤師に相談をしてみましょう。

またかゆみ対策をスキンケアで行う場合ですが
スキンケア商品の選び方にも注意点があります。

デリケートゾーンは他の皮膚の部位とは異なり、
粘膜がある為、皮膚が薄く敏感ですので成分はなるべく優しくて
洗った場合に刺激が少ない物を選ぶ様にしましょう。

更に雑菌が増えてしまうと更にかゆみを引き起こしたりかぶれや
感染症になる可能性がありますので
なるべく肌と同じ弱酸性の商品や殺菌成分が含まれている物を選ぶと良いでしょう。



2.女性のデリケートゾーンの臭い対策について



女性の方の中には別に性的な病気は無いのだけれども
日常生活の中でデリケートゾーンの臭いが気になっていると言う方もいると思います。

そんな臭い対策は実はご自宅でもケアを行う事ができるのです。

もしも臭いの原因が膣内の残留物等の汚れになっている場合には
清潔に洗う事をお勧め致します。

具体的にこの場合には単に外に出てきたオリモノを洗うだけではなくて
根底となる膣の内部についてもきちんとケアをする事で
臭いを軽減させる事ができたり快適な状態を維持させる事ができます。

ただ入浴の際に市販のボディーソープで洗ってしまうと
刺激が強すぎてしまう場合もありますので
できればゲリケートゾーン専用のケア用品を使用すると良いでしょう。

特に昔ながらの製法で作られている商品であれば
着色料や安定剤、防腐剤や石油系の界面活性剤が使用されておらずに
個々にハンドメイドで作られた自然派の石鹸がありますので
始めてデリケートゾーンを洗うと言う方には成分を気にせずに使用する事ができるでしょう。

また最初に洗う場合には陰部を洗うと固まったカスの様な物が出てきますので
一瞬オリモノが増えたかの様に感じる場合もあるかも知れませんが
その後は陰部をメインとしたデリケートゾーンがかゆみがなく
スッキリした感覚を得る事ができると思います。

そしてデリケートゾーンを洗う良い方法ですが
始めにシャワーで優しく全体的な汚れを洗い落とします。

次に泡だてネットでデリケートゾーン全体を包む程度の泡を作ります。

そしてその泡を使ってデリケートゾーンをパックする様にします。
そして3分程度経ったらシャワーで洗い流して行きます。

この様にデリケートゾーンの洗い方は特に特別な方法はなく
泡でしっかりとパックをする事がポイントとなります。

滑らかな泡が汚れの源を除去して清潔感のあるデリケートゾーンを保持してくれます。

尚、尿が残っていると臭いが発生してしまいますので泡はキチンと流す様にしましょう。


3.女性のデリケートゾーンの黒ずみ対策について



デリケートゾーンの黒ずみが見つかった時にはいち早く解決方法を見つけたくなるのが心情ですが、
まずは黒ずみの原因を把握して、それぞれの対策を練って行くのが良いと思います。

先ずは衣類等による摩擦が原因となって皮膚が刺激を受ける場合です。

例えば日常生活の中でも下着を着用する場合にサイズが合わなかったり、
またゴムがキツイのに無理やり履いてしまっていると肌を刺激する事になりますので
黒ずみの原因となってしまう事から、
なるべくサイズには余裕がある物を着用する事で黒ずみを避ける事が出来るのです。

また皮膚のターンオーバーの乱れが原因で黒ずみができてしまう事もあります。

これは皮膚の活性化となるターンオーバーがキチンとなされていないと
メラニン色素が沈着してしまう事で肌が黒ずんでしまうのです。

なのでデリケートゾーンも例外では無いのです。

更にターンオーバーの遅れが酷くなると
古い角質が皮膚に蓄積してしまいますので更に肌が黒ずんでいってしまうのです。

ですのでケアと致しましては普段から乾燥を防いだり
あまりお肌に刺激を与えない様にする事でターンオーバーの乱れを防ぐ事ができます。

また現代人に多いストレス問題においても
ホルモンバランスを崩してしまうとターンオーバーが正常にできなくなってしまいますので
デリケートゾーンの黒ずみにもつながってしまいますので
日々の生活の中でなるべくストレスを溜めないと言う事も大切となるのです。

これらの事からお勧めのケア方法としましては
肌への刺激をなるべく軽くしたり洗う時には刺激をしない様に
できればデリケートゾーン専用の石鹸を使う様にし、
アンダーヘアも常に手入れをして皮膚に刺激を与えない様にする事が大切なのです。


4.女性のデリケートゾーンのお手入れと正しい洗い方を知ろう



正しいデリケートゾーンの洗い方を知っている人も少ないと思いますが、
あなたは大丈夫ですか?

これさえ押さえていれば痒いなどの悩みも減るはずです。

正しいデリケートゾーンの洗い方は、泡立てた泡でふとももの付け根から
マッサージするように洗っていきます。Vゾーンのところを
指で円を描くように洗います。そうして温かいシャワーで流してください。

これが基本な洗い方です。

また、手入れの仕方ですがその原因や年齢的にも人によっても
変わってくるのですが基本的なところといえば、下着です。

デリケートゾーンはとても繊細なのでタイトになると
どうも肌と合わなかったりして痒くなる、
なんて人もいたするのです。

なのでまずは、おしゃれはともかく自分の肌質に合った下着を選びましょう。
それから、汚れや生理のときに毛が絡まったりすることも少なくはありません。

そういったときは、ティッシュペーパーで拭くよりもウェットティッシュで拭きましょう。
そうすることで、肌への刺激や負担も軽減されるため、手入れが楽になります。

そして何よりもデリケートゾーン専用のソープで洗うことです。

今、何種類ものの専用ソープが発売されています。
同じボディソープで洗うよりもデリケートゾーンへの刺激も防げますし、
デリケート部分には優しい成分がたくさん含まれているため、
お手入れするにはもってこいの一品です。


5.女性のデリケートゾーンの吹き出もの対策3選

デリケートゾーンの吹き出もの、気になりますよね。痒くなったり痛くなったりする原因にもなります。
そうならないための対策をいくつか上げていきます。

1つ目は、デリケートゾーンではカミソリを使用しないことです。

デリケートゾーンの処理については調べると正しい処理方法が出てきますし、
産婦人科でも聞くことができます。

カミソリですることにより、
肌を傷つけ、その傷ついた部分から
ばい菌が入り吹き出ものになるといった
ケースもあるのでカミソリはなるべくやめましょう。

2つ目は、石鹸(ボディソープ)で洗いすぎないことです。

ボディソープなどデリケートゾーン専用でない石鹸を使用しなおかつ、
洗いすぎてしまうとなると本来のデリケートゾーンで発揮する成分の働きが鈍くなってしまい、
肌に刺激が渡り、かゆみや吹き出ものができてしまう原因を作ってしまいます。

なので、なるべく石鹸を使用するならばデリケートゾーン専用のみの石鹸を使用するようにしましょう。

3つ目は、通気性の良い下着を着るということです。
こちらに関しては個人差や、個人個人の肌質が関わってくるので見極めるには難しいかと思いますが、
なるべく自分の肌質に合った下着素材を探し通気性の良いものを選ぶとムレも防いでくれるので、
吹き出ものができる心配がなくなるでしょう。



 

サイトマップ