美肌になる方法

1.肌荒れの原因は
2.美肌効果がある生活習慣は
3.お肌のお手入れ方法は
4.美肌の秘訣は
5.美肌のためのスキンケアは
6.美肌に効果的な成分と野菜は

1.肌荒れの原因は

肌荒れの原因は多岐に渡りますが、その中でもビタミンB群が不足しても肌荒れになります。

まず個々の肌の細胞と言うのは食事から取り入れた栄養をベースに生成されます。
ですので外食が続いたり偏った食生活になるとニキビや肌荒れになるのも栄養バランス外食偏っている証拠になります。


その中でもビタミンB群が不足をしてしまうと皮膚炎や肌荒れに直結してしまいまして
肌健康に大きな関係をもたらすビタミンB2やビタミンB6は細胞を作る主成分となるタンパク質や糖質の代謝をサポートする役目があります。


具体的にはレバー等に含まれているビタミンB2は別称で『美肌ビタミン』とも呼ばれておりまして、
肌を滑らかにしたり整った維持に働きかけます。

逆に脂っこい食事やスナック菓子を食べ過ぎてしまったり、
妊娠中または疲れが溜まっている場合には多くのビタミンBを消費してしまっていますので
肌荒れをし易い環境となっているのです。

そしてビタミンB群と言うのは体内に貯めることができませんので、
日々摂取しないといけないのです。

ですので肌荒れをした時にはビタミンB群が不足していないかを見直して見ましょう。

2.美肌効果がある生活習慣は

美肌効果のある生活習慣は、規則正しい生活を送ることが大切です。
栄養のバランスの取れた食事をしっかり取り、
肌に良いとされるビタミンが豊富に含まれた、
野菜や果物をたくさん食べましょう。

そして、睡眠も大切です。
肌は寝ている時に作られるものなので、
睡眠不足は肌を劣化させてしまいます。
一日最低6時間は眠るようにしましょう。

特にお勧めなのが、22時から2時の間に眠っていると、
睡眠ゴールデンタイムと言われており、
この時間帯に肌が作られる為に、
この時間帯に寝ていることにより、美肌効果を得られます。

ストレスを溜めないことも大切です。
ストレスを溜めないようにしたり、自分なりのストレス解消法を探しておくことにより、
ニキビなどもできづらくなります。

こうした当たり前の規則正しい生活を送るだけで、
を美肌に保ち、促進したりします。

肌が劣化してきたと思ったならば、
エステなどに通う前に、まずは自分の生活習慣を見直しましょう。
それだけで美肌になれます。

3.お肌のお手入れ方法は

お肌をいたわるためにはお手入れが欠かせませんが、お手入れは何も特別な事をする必要なんてありません。日々のお手入れに工夫するだけで良いのです。

お肌をいたわるためのお手入れは丁寧に
お肌をいたわるためにはお手入れが欠かせませんが、
お手入れは何も特別な事をする必要なんてありません。
日々のお手入れに工夫するだけで良いのです。

まず朝起きたら洗顔をすると思いますが、
洗顔はぬるま湯で行い、
洗顔フォームを付ける前に予洗いとしてお湯だけで顔をすすぎます。

予洗いする事で表面の汚れを落とし、
次に肌に付ける洗顔フォームが肌の奥の汚れを落としやすくします。

洗顔は泡立ちをしっかりし、
手で肌をこするのではなくて泡で肌を触るようにしましょう。

洗顔が終ったら優しく押すようにタオルドライをし、
しっかりと水気を取ります。

そして化粧水や乳液、美容液などを付けていきます。

この時にお勧めなのが、スキンケア商品を手の平に付け、
もう片方の手の平でプレスしてから肌に付ける事です。

これをする事で液体が温まり、肌に馴染みやすくなります。

夜の洗顔やスキンケアを付けるのも同じく、丁寧にやるようにしましょう。

そして、夜はその後にフェイシャルパックをやるなど、
朝より丁寧にスキンケアすると翌朝の肌が気持ち良くなります。

4.美肌の秘訣は

美肌とは、肌に潤い、透明感、ハリのある状態をいいます。

潤いとは、角質に十分な水分があり、
手で触るとしっとりしていて、目で見るとキメが細かい状態をいい、
透明感は血色がよく、健康的は肌の色をいい、
ハリは肌の中のコラーゲンの生成がスムーズで、
指で押すと弾力がある状態をいいます。

この潤い、透明感、ハリをキープするには規則正しい生活が必要です。

 まずは正しい洗顔が必要です。

洗顔料を泡立て、爪を立てないようにし、
指先でやさしく、まんべんなく泡が広がるようにします。

洗いすぎないよう、注意しないといけません。

洗顔後は保湿が効果的です。

保湿はバリア効果があります。

手に化粧水をつけ、やさしく広げていきます。

この際、オールインワン美容液石鹸を使用するのも効果的です。

 他にはバランスの取れた食事、十分な睡眠、有酸素運動も効果的とされています。

食事だとビタミンB2(レバー、肉など)、ビタミンB6(青魚、パプリカなど)は
美肌に欠かせない成分です。

入浴も摂氏41度〜42度くらいで20分くらいが効果的です。

正しい入浴は免疫細胞を活性化し、
新陳代謝を促進し、老廃物を排除してくれます。

また、十分な睡眠も必要です。
夜10時〜夜中2時くらいは成長ホルモンが分泌され、
新しい肌細胞を生成し、傷ついた細胞を修復してくれます。




5.美肌のためのスキンケア

たいがいの人は、美肌に効果がある美容液や乳液など化粧品を使うことが多いようです。

確かに美肌に効果がある化粧品を使えば、肌が綺麗になりますが、
それは一時的なことで、正しい洗顔をしたうえで、化粧品の効能が継続的に得られるのです。

だからと言って化粧品に頼りすぎるのは良くありません。

例えば、
化粧品のライン使いがそうです。

同じメーカーの化粧品をラインナップで揃えて使う方が肌に効果があるように思えますが、
決してそうではありません。

化粧品を使い過ぎると、皮膚の自然回復力が低下するからです。

もう一つ大事なことは、肌に刺激を与えすぎないことです。

例えば、
仕事を持っている人は、仕事が休みの日には基礎化粧品だけ使いノーメイクでいる時間を長くします。

極力、化粧品やメイクで、肌を摩擦することを避けるようにします。

洗顔するときも泡を泡立ちネットを使って、良く泡立ててから泡で顔全体を包み込むようにして洗います。

手でこすって洗うことはやめましょう。




6.美肌のための効果的な成分と野菜とは

人によって目指す美肌には種類があります。
血色の良い健康的な肌が良い方は鉄分を摂り、むくみが気になる方はカリウムを摂ると良いでしょう。

今回は、「肌荒れ予防」と「アンチエイジング」に効果のある野菜の説明をします。

この2つの予防に効果的とされる成分はルテインとアントシアニンです。

ルテインには強い抗酸化作用があり紫外線のダメージから肌を守り、アンチエイジングに効果的です。
ルテインを含む食材は人参、ほうれん草、ブロッコリー等の緑黄色野菜です。

また人参にはβカロテンが含まれ、体内でビタミンAに変わります。肌の調子を整え、免疫力が付きます。
アントシアニンは体の酸化を抑える効果があり、ナスや紫キャベツ等、紫色の野菜に含まれています。

人参・なす等、普段の料理で合わせにくい野菜を摂る為に私が良く食べるのはシチューです。
たまにカレーに変えたり等バリエーションも増えてきました。
毎日のメニューを楽しみながら一緒に美肌を目指しましょう!

デリケートゾーンのニオイやかゆみに悩ませている方はトルメラン石けんをどうぞ