お医者さんが転職するきっかけ

お医者さんは日本全国で不足しています。
特に都会以外のところでは医師不足は死活問題です。
病院経営では、医師の確保は命題です。

医師不足と言うことは、一人の医師に相当量の仕事がのしかかっています。
病院の近くに住まいを構え、何時呼び出せれても出勤できるようにする。
また、医療ミスに対しても、相当世間の風はきついような気がします。

また、患者さんの暴言とか、職場環境の劣悪だったりと
お医者さんが転職を考えるきっかけはたくさんあるようです。
もちろん、個人の事情、親のそばにいないといけない事情があり
引っ越さないといけない場合は、その土地で新たな転職先を探すことになる。

話しを戻します。

医師不足と言うことは、週に3日とか当直があるとか
患者が多すぎて、一人の担当患者数が増えていき
超過勤務が普通になり、心も体もボロボロとなる。

そんな状況の前に、転職を考えてしまう。

そんな医師の転職条件は、仕事条件の緩和。
週1くらいの当直とか待遇面での条件が一番に来るでしょう。